Vol 9.2 ~木の若葉を観察してみよう~

小板まきばの里通信

ヤマザクラの花が終わりに近づく 5月初旬になると、木々の若葉が一斉に芽吹きだします。キャンプ場 周辺の山々は色とりどりの新緑に覆われて、まるで紅葉したように美しい景色になります。このあたり の新緑の景色が美しいのには2つの理由があります。1つは中国山地がたたら製鉄のメッカだったこ と。製鉄に使う炭の原料となる広葉樹が大量に必要だったため、スギやヒノキの人工林が少ないので す。もう1つは標高が高く寒さに弱い常緑広葉樹の高木が少ないため、ほとんどすべての落葉広葉樹 がこの時期に一斉に芽吹くこと。近くで見ると若葉の色や形は赤いヤマザクラ、黄緑のクロモジ、白い ミズキ、むきバナナのような形のホオノキなど木によって様々です。散歩しながらこの季節にしか見ら れない個性的な木の若葉を観察してみましょう。

Vol 9.1 ~春本番の植物や生き物を探してみよう~

小板まきばの里通信

4月半ばを過ぎると、あちらこちらでヤマザクラが咲き始め、標高750mの山里もようやく春本番 を迎えます。道端には黄色く目立つタンポポの他に、白いタネツケバナやハコベ、水色のオオイ ヌフグリ、薄紫のタチツボスミレなどのよく見ないと見過ごしてしまう程小さな花々をみつける ことができます。水たまりではまだ寒いうちに産み付けられたヤマアカガエルの卵から孵ったた くさんのオタマジャクシが元気に泳いでいます。そして耳をすませると、巣づくり間近のキセキ レイの「チチンチチン」という声や、ひょうたん山で縄張りを主張するゴジュウカラの「フィ フィフィフィ」という声が聞こえてきます。春本番の山里を彩る植物や生き物たちを探してみま しょう。

Vol 9 ~春の訪れを告げる花を探してみよう~

小板まきばの里通信

3月半ばになると日中の気温は10°Cを超えるようになり、雪の下から地面が顔を出します。雪が 解けた直後は枯れ色一色だった地面も数日たつと少しづつ草の緑が見え始め、ぽつぽつと春を告 げる花たちが咲き始めます。残雪が残る中でいち早く咲いて冬の終わりを告げるのは、色鮮やか な黄緑色のフキノトウ、日陰の斜面で小さな白い花を咲かせるキクバオウレン、山の斜面でひっ そりと黄色い細いリボンで作ったような花をつけるアテツマンサクです。その後に続いて咲くの はピンクの花びらと紫のしべの色の取り合わせが和風なショウジョウバカマ、たくさん咲いたら その年は豊作になると言われる白い花のタムシバです。それらの花が終わる4月の終わりごろに ようやくサクラの春がやってきます。山里に春の訪れを告げる花を探してみましょう。

Vol 8.2
~足跡から動物の行動を想像してみよう~

小板まきばの里通信

雪が積もるとあちらこちらでいろいろな動物の 足跡を見つけられるようになります。特に新雪 が降り積もった翌朝は足跡を探す絶好のチャン ス。吹雪の間じっと雪が止むのを待っていた動 物たちが、狩りをしたり、食べ物を探したり、 ねぐらに帰ったりした様子が足跡として残って います。特徴的な足跡として知られているのが ノウサギの「止め足」。「止め足」はノウサギ が寝床を突き止められないために使う目くらま しの技で、進行方向から少し逆戻りをしてから 大きく横っ飛びして足跡を途切れさせます。真 新しい「止め足」を見つけたら近くでノウサギ が寝ているかも。雪の上に残されたいろいろな 足跡を探して動物たちの行動を想像してみま しょう。

Vol 8.1
~常緑広葉樹を探してみよう~

小板まきばの里通信

12月になると、キャンプ場から見える山の落葉樹の葉はすっかり落ちて、残った緑の殆どは杉 や赤松等の針葉樹になります。広島市周辺等の標高の低い場所も12月後半には落葉を迎えます が、落葉後の山を比べてみると標高の低い場所のほうが緑が多いことに気が付きます。標高の低 い場所には、針葉樹の他にカシやクスノキ、タブノキなどの常緑広葉樹の高木が冬でもこんもり と緑の葉を茂らせているのです。積雪が多く気温が低いキャンプ場の近くでは、寒い中で葉を維 持するのが難しいので、背が高い常緑広葉樹は育ちません。しかし林の中を見てみるとエゾユズ リハやミヤマオモトなど背の低い常緑広葉樹の木があちらこちらにあることに気づきます。これ らは落葉した木の下で光合成をしながら、意外と暖かい雪の下で冬を乗り切れるように、雪に埋 まるくらいの高さ以上にならないという選択をした常緑広葉樹たちなのだとか。落葉後の季節だ からこそ見つけやすくなる常緑広葉樹を探してみましょう。

Vol 8
~草のロゼットを探してみよう ~

小板まきばの里通信

11月半ばを過ぎると、木々の葉もほとんど落ちて里山は冬枯れの景色に変わっていきます。 地面も一見枯草だけになってしまったように見えますが、よく見ると地面のあちこちに張り付く ように広がった緑の草を見つけることができます。円形に広がった葉が踏まれてぺちゃんこに なったようなこの姿は、バラの花の形を意味する「ロゼット」と呼ばれる形態で、いろいろな草 がこの形で冬越しをします。この形なら、真冬でも約4°Cで安定している雪と地面の境界に生え ているため大事な芽や葉が凍る心配はありませんし、雪の重みで茎や葉が折れたり曲がったりす るのも防げます。また、緑の葉のまま冬を越すことで、雪解け後に他の植物に先駆けて成長を始 めることができるのです。キャンプ場周辺では積雪の前後にしか見られない草のロゼットを探し てみましょう。

Vol 7.3
~紅葉の色の違いを比べてみよう ~

小板まきばの里通信

11月に入るとキャンプ場周辺は紅葉の見ごろの季節を迎えます。紅葉は最低気温5度以下の晴 れた日が数日続くと一気に進み始めます。コナラやブナの葉が黄色に変わるのは、葉に含まれて いる緑の色素(クロロフィル)と黄色の色素(カロチノイド、人参の色素のβーカロテンの仲 間)のうち、緑の色素の分解が早く進むため、残った黄色の色素が強くなって黄色に色づくのだ そう。カエデやウルシの葉が赤色に変わるのは、日光があたることで葉に残った糖と酵素が反応 して赤色の色素(アントシアニン、リンゴやブドウの皮の色の色素)が作られるためなのだとか。 そのため赤く紅葉する木の葉でも日光が十分当たらない場所では黄色になったりします。木の種 類や日の当たり具合でいろいろな色に色づいて野山を彩る木々の葉たち、どんな色があるのか 葉っぱの色の違いをくらべてみましょう。

Vol 7.2
~大変身した草花の種を探してみよう ~

小板まきばの里通信

10月、朝晩の冷え込みが厳しくなり始めると、草木は大急ぎで種を実らせて子孫を残そうとし ます。その中には花からは想像がつかないような姿の種をつけるものもあります。薄紫の目立た ない花のツルリンドウは、直径約1cmと意外に大きな鮮やかなワイン色の種ができたとたんに目 につくようになります。緑色から黄色、オレンジ色に変化するカラフルな粒々がきっしりと茎の 先端に固まってついているのはマムシグサ。黒っぽい筒状の花のどこからこんな種が出てきたの かとびっくりします。長さが10cm程もある赤いナスのような形をした実がいくつもぶらさがっ ているのはツチアケビ。黄色と黄土色の地味な花からは想像もつかない姿です。この季節ならで はの花の姿から大変身した草花の種を探してみましょう。

Vol 7.1
~秋の木の実を探してみよう~

小板まきばの里通信

9月の後半になると一足早くマユミやヤマザクラの葉が黄色やオレンジ色に紅葉します。本格的 な紅葉シーズンになる直前のこの季節は、いろいろな木の実の実りの季節。つややかな赤い実が 集まってぶら下がっているコバノガマズミ、小さな赤い実がぽつぽつついているのはオトコヨウ ゾメ、1cm程のリンゴのような赤い実はズミ、高い枝の上に赤い実がどっさり房になっているの はナナカマドです。直径2cm弱の赤黒い実が上向きになっているのはヤマボウシ、直径5cm程の 楕円形の実が木に巻き付いたツルからぶら下がっているのはアケビ、ブルーベリーに似た小さな 実が並んでついているのはナツハゼ、これらは食べられる実で昔は里の子供たちのおやつでした。 緑色でトンガリ帽子のような形をしたツノハシバミの実は、お腹がオレンジ色のかわいい小鳥ヤ マガラの大好物です。秋が深まるにつれて小鳥たちに食べられてなくなってしまう木の実たちを 小鳥になったつもりで探してみましょう。

Vol 7 ~植物の名前の由来を調べてみよう~

小板まきばの里通信

標高が高い当キャンプ場周辺には一足早く秋がやってきます。9月は秋に咲く草花が冬が来る前 に子孫を残そうと次々と咲いてキャンプ場を彩ります。洗い場の前にはピンク色のコンペイトウ のようなかわいい花の花畑ができていますが、これはミゾソバとアキノウナギツカミの花です。 ミゾソバは「溝に咲くソバに似た草」で見た通りの名前なのですが、アキノウナギツカミは「茎 にびっしり生えている小さなトゲでぬるぬるするウナギでもつかめそう」という意味なのだとか。 また三角山にたくさん咲いているミヤマママコナは、漢字では「深山飯子菜」と書きますが、 「山に咲く、(下側の花びらに)飯子(ご飯粒)が引っ付いているような草」というのがその名 の由来。誰が考えたのかは知りませんが、植物の特徴をよくとらえた名前だなぁと感心します。 面白い名前の植物に出会ったら、名前の由来を調べてみましょう。

error: Content is protected !!